婚約指輪はプロポーズの後でも大丈夫!?結婚指輪との違い

時代の流れとともに変化

婚約指輪といえばプロポーズの際に必要となる指輪でしたが、近年ではプロポーズの後にパートナーと一緒に買うという人も多いです。相場は30万円以上なので、プロポーズ後に慎重に選ぶといった人も増えたということでしょう。デザインも今風になっているので、家にある指輪を婚約指輪にする場合も再加工してもらったほうが良い場合もあります。好みの問題もあるので、その辺は自由に判断しても構いません。宝石付きでも良いです。

結婚指輪との違いについて

婚約指輪は男性から女性に贈る指輪ですが、結婚指輪は結婚式の際に交換するペアリングですね。2つ用意する必要がありますが、婚約指輪に比べると相場は安いです。ペアでも10万円から20万円ぐらいです。宝石は付いていないものを用意するのが一般的ですが、特に決まりはありません。ただし結婚した後も日常生活で指輪をするといった人が多いので、大抵はシンプルな指輪を選びます。左手薬指に付けることで既婚者の証となります。

宝石店などで購入できるが

婚約指輪、結婚指輪などの購入は宝石店で可能です。とはいえまずはお店選びから慎重に始めましょう。どのような指輪を扱っているのか事前に調べることは容易な時代です。ホームページのある宝石店が多いですし、指輪情報を画像付きで紹介しているといったお店もあります。ちなみにオーダーメイドで婚約指輪を用意してくれるといった宝石店も最近では多いです。デザインや宝石はもちろん、ツヤの有る無しなども指定することができますよ。

婚約指輪の品質に注目をしたい時には、大手のジュエリーブランドの看板商品のサイズやデザインに気を配ることが大切です。